世田谷区の日蓮宗天正山妙楽寺では方位、方角、家相、霊障害などの相談を行っております。お気軽にお問い合わせください。

妙楽寺の人生相談

人生相談は特に方位の災・方角の災・家相の災・霊障害の悩み等々が有ります。
2件〜3件の実例をご紹介いたします。


『生れたかった、生れてお母さんのオッパイを口いっぱいに含みミルクを飲みたかった、なぜ僕が、私が?』
この世の光を見る事も無く、闇から闇に葬ってしまった可愛い我が子、寿命なく自然の力でお腹の中で成長出来なかった子供、その様な水子
達の為に回向供養をして冥福を祈りませんか。
当寺では一霊魂一萬円で「よつぎ地蔵尊」の御前でお経を唱え御供養
いたします。



方位・方角の災の例

41歳男性六白生まれの相談者。平成20年3月ごろ、現在住んでいる所より、北の方面に位置する所の地所に新築し、7月から住み始めました。
9月になってから事故にあって死にかかり、古い友達が自分の悪口を言い、段々落ち込んで死にたくなってきた。

この方は南北に動いたため、本命・的殺・暗剣殺・五黄殺の方災のため、方罪になりました。
お詫びをしお清めをして、お札をはりました所、今は普通に生活をしておられます。

家相の災の例

83歳女性一白生まれの相談者。
四人家族で、子供52歳、六白生まれの男性、嫁52歳、六白生まれの女性、孫21歳、二黒生まれの男性です。
表鬼門に玄関があり、家を建てて3年ぐらいで夫が他界し、この度増改築したい。

話を聞きますと、平成20年度に南北を増改築をするのは星が悪いので、平成22年に延ばすことを提案いたしました。
このような方位・方角・家相等々は、何千年もの統計に基づく確率です。
80パーセントぐらいは当たります。
一般的に人が良くないと言うことは、止めたほうがいいのでしょう。

お問い合わせは妙楽寺まで
TEL:03-3322-4853 FAX:03-3321-4520
メールでのお問い合わせはこちら
アクセスマップはこちら